真空管ラジオ修理 Zenith-G730

ラジオの修理を自分でやる方は真空管ラジオ・アンプ作りに挑戦!、や真空管式スーパーラジオ徹底ガイドも参考にしてください。
不明な点はラジオ工房掲示板に実名で投稿ください、修理ノウハウの提供は無償です。
初歩的なことでも結構です、ただし他人が解るように書いてください(神様や占い師にするような経緯を省略した質問は返事不能です)。

当方に依頼される方はラジオ修理工房をご覧ください、こちらは有償です。
 



分解したシャーシ内部。
左側のシャーシ固定用金具が紛失している、右側のみあり。
シャーシ背面(写真では下部の白い丸印内)のACソケットが割れている。
真空管の構成は6BJ6(FM増幅) 12AT7(MW FM周波数変換) 12BA6 12BA6(AM FMのIF) 12AU6(FM IF) 19T8(検波 低周波増幅) 35C5(電力増幅))。
2スピーカーですが、容量性のツイターが組み込まれています。
これについては接続していません。

このラジオの回路図が無いので、ずいぶん苦労しました。
良く似た機種(Zenith H724Z1)から類推して修理しました。


シャーシを片側でしか固定していないので、振動で割れたのでしょう。


エポキシ接着剤で補修しておきました。


FMチューナー部分はミュー同調でした、ダイアルのプーリーの動きに合わせて銅板製の金具が上下する仕掛け。
これに固定されている軸が 同調時上下してチューニングする。
当然アメリカバンドで作られている、位置をずらせて80MHzから受信できるように変更した。
全ての受信帯域はカバーできない。


動作試験中のG730.

IFTの調整は上手くできましたが、ループアンテナのQが極端に低かったです。
我が家のQメーターでかすかにメーターが振れる程度(Qは10〜20)でした。
受信は正常に出来ます、あまり深く追求しない事にしました。
出力管35C5がエミ減していたので、交換しました。
ペーパーコンデンサーも試験しましたが、多少の絶縁不良程度なのでそのままとしました。


このラジオもシャーシ下にシールド板が組み込まれていた。
組み立ては意外と面倒です。


動作中のG730.
音量調整用のVRに接触不良があります。
2重軸の特殊品の為 交換できませんでした。
ツマミも一部割れがあります、このラジオは何方か依然修理を試みたもののようです。
2009年10月6日

修理のノウハウは「真空管ラジオ・アンプ作りに挑戦!」をご覧ください。




ラジオ工房修理メモ

radiokobo-all