ICF−5500M スカイセンサー55 (キャプテン55)

仕様についてはBCLラジオ博物館1をご覧ください。



5500Mの部品面。
回路図など資料は有りませんので、手探りでの調査です、
間違いが有るかもしれません。
自分で調整する場合は充分注意ください。
Marine部分の追加で、コイルやトリマの配置が大幅に変更されている。
SW OSCはIFT状のものが発振コイルです。
コイルで低い方の周波数を、トリマで高い方の周波数を合わせます。



これは普通のICF−5500の部品面。

5500Mの基板。
下の5500に比べても大幅に変更されている。

MWとMarineのRFコイルはフェライトコア(バー)に巻かれています。
(左の写真を参照ください)


これは5500の基板面。








2013年6月9日: 7,075  sakuranetへ移転 この日からカウント開始

radiokobo-all