ソニー トランジスターラジオ 8Fー36の修理

ソニーの木箱入り トランジスターラジオです。
受信できないということで お預かりしました。

分解してみると TFMー110と同じような基板が使われています(全く同じではない)。
全体的には大きいので 修理しやすい感じですが、当時としては超小型のトランジスターが使われていて 修理は作業が大変です。
FMもついていますが、簡易型で 感度はそれほど期待できません。
受信もできるという程度でしょう。

困ったのは電池金具(矢印)のネジが錆びついて外せません。
これを外さないと 基板が出てこないのです。

いろいろ手を尽くしましたが 外れず、なんとか無理に基板を取り外しました。



取り外した基板の正面側



配線間違い 接触不良 VRのガリなどを修正し 組み込み調整しました。
タバコのヤニによる汚れが物凄く酷かったので 洗剤で洗うなどしましたが、完全には落ちませんでした。




ソニー 8F-36回路図

珍しく 回路図が貼付されていました。



2014年12月20日

 

(中津)








radiokobo-all