松下電器 ナショナル RE−796 トランジスターラジオの修理体験記

 ガリが酷くて安定して受信できないという ナショナルのトランジスターラジオです。

FM AMの2バンドタイプで家庭用のラジオです。




裏蓋が8個のネジで固定されています、丁寧な作りです。



裏蓋を外したとろです。
がっしりとしたバッフル板にスピーカーが固定されています、音質重視の作りであることが理解できます。
基板部分を取り外さないと 原因が付く留められません。
まず基本はピンク色に塗られたネジを4個外します、それでも基板が外れません。
試行錯誤の末 バーアンテナの下に固定用の突起があり これを外す必要があることがっ判明。
これで分解できました。 
ガリの原因はVRの接触不良でした。
他の部分は特に不具合が有りません、ただ調整がずれているので 再調整して完了です。

この機種は高周波回路はごく普通のラジオです。



2013年2月27日

 

ラジオ工房TRラジオ博物館1へ

ラジオ工房TRラジオ博物館2へ



radiokobo-all