松下 ナショナル パナソニック トランジスターラジオ RE−190の修理


ナショナルのホーム型のトランジスターラジオです。
昭和43年のカタログに掲載されています。
ただこのラジオ自身はKc表示ですから、昭和42年以前に作られたと思われます。




ACと電池のどちらでも利用できます。
切替は前面のスイッチで行います。


分解したところです。
多少接触不良やVRのがりなどはありましたが、壊れた部分は有りませんでした。
ケースが汚れていたので、分解して洗いました。

トランジスターラジオのスピーカーとしては珍しく出力トランスを背負っています。

快適に動作します。


こちら側がキャビネットに入れた時 前面になります。


売店もご覧ください、処分します。

2005年5月30日

ラジオ工房TRラジオ博物館1へ



2006年8月5日よりカウント

 

radiokobo-all