ナショナル パナソニック トランジスターラジオ R−225 修理体験記


このラジオは外観が綺麗ですが、電源が入りません。
電池金具も錆があります。



分解して正面から見たところ。

右端中頃にVRがあります。


VR部分の拡大写真。
このSW部分が接触不良になっていた。
接点を磨いて、動作するようになりました。


調整中のR−225.
VCの後ろについているトリマには記号が印刷されていますので、
調整は比較的楽でした。


 


2004年8月28日

ラジオ工房TRラジオ博物館1へ




2006年8月5日よりカウント

radiokobo-all