サンヨー トランジスターラジオの修理  6C−22


サンヨーの6C−22の修理です。
このラジオは昭和34年頃の製造と思われます。
「日本最初のナイロンキャビネット」を謳い文句に宣伝されていました。
定価 7,700円です。


分解してみると、非常に上手く作られています。
サンヨー製ですが、当時のソニーの物に比べ、保守性は良いようです。

TRは2SXXタイプです、2SAXXではありません。
調べてみると、故障の原因はケミコンの容量抜けでした。
当時のケミコンは壊れやすいようです。



ケミコンを全数交換して、修理完了しました。

修理完了してみると、音が時々 途切れます。
調べてみるとVRの接触不良のようです。
交換したかったのですが、組み込みの金具の位置が特殊で、
交換できませんでした、残念。


東芝製のトランジスター利用。
2S52 2S49 2S53 2S54 2S56×2


VRの写真。
組み込み方が問題。



 

2009年2月3日

2009年2月4日:41

ラジオ工房TRラジオ博物館1へ



radiokobo-all