いろいろな思い出 

ラジオ工房 について

「大昔のラジオ少年」の半世紀にわたるガラクタ収集の足跡です。
戦後の貧しい時期に少年期を過ごしたためか、ラジオを見ると何でも集めたくなります。
集めたラジオは自分で修復します。
還暦を過ぎれば−60歳、ラジオを見ると少年時代に心は移動します。
真空管ラジオ TRラジオ BCLラジオ復元の記録です。
真空管ラジオは半世紀以上の経験があります、修理ノウハウを無償公開しています 。
まず修理法や修理体験記をご覧ください、それでも不明な部分は、ラジオ工房掲示板に実名で書き込んでください(メールは不可)。
なおTRラジオやBCLラジオは定年後始めたものです、難しい質問はご遠慮ください。

白花タンポポ

中津市金谷森の丁で平成13年4月撮影。
子供の頃は蒲公英は白いと思い込んでいたが、
最近はほとんど黄色ばかりです。


九州方言の思い出

福岡市内の大学に入学時 一番驚いたのは言葉の違いでした。

福岡県は隣の県ですから、想像以上で、特に女性の言葉には驚愕。
中津市は福岡県吉冨町に隣接しています、小倉(北九州市)までは同じ方言を使います(日豊方言)。
小倉も中津も昔の豊前の国ですから当然ですが、方言の境界線は福岡市と北九州市の間でしょう、昔の豊前国と筑前国の違いが現在に持ち越されている。

内尾 姓について

内尾は比較的珍しい姓です、全国的には6000番台という資料も見ました。
中津市 宇佐市 上毛町 豊前市近郊に比較的集中しています。
勿論東京にもいます、昔九州から上京してきたのでしょう。
我が家は明治44年に上深水(現中津市三光)から中津市新博多町に出てきたようだ。
昔の豊前の国守護の宇都宮氏系の武士団の末裔といわれています。
なお熊本にも内尾姓がありますが、内尾匡之さんの調査では、
昔中津藩主だった細川家に仕え、熊本転封に同行した方の子孫とのこと。
東京の内尾氏は自分もそうだが九州出身者がほとんどと思われる。
軍師官兵衛に出てくる宇都宮に関係があると思われます。

下記画像は中津城内にあった黒田官兵衛資料館に展示してあった画像です。
叶松城は上毛町友枝に有ったとのこと。
もともとは現豊前市の内尾に本拠地が有ったことによるらしい。
現在の豊前市の内尾は谷川沿いの小さな集落のようですが、戦国時代以前に山城を構えるには良い位置だったと思われます。
有名な大富神社(八屋祇園)から近く 川沿いに山側に行ったところです、豊前松江駅から数Km程度。
戦国時代には宇佐 下毛 上毛の地域に勢力圏を拡大したのでしょう。


2004年5月21日
2014年12月29日
2017年6月13日:叶松城の画像を追加

radiokobo-all

 2017年6月13日からカウント