東芝

IC−70


IC−700



上記のIC−700の銘板



RP−701F


ダイアル右下にIC−700と表記されている。
どうも上記IC−700との区別が明確でない。
ICが使われていることは確かで、
IC使用 700mW出力を意味するのではと思われる。
サウンドナナハン(750mW出力)の一つ前の形か?。

つまみはオリジナルではありません。

保守性はソニーに負けないくらい悪いです。

RP-727F

サウンド ナナハンシリーズのラジオ FMとMWの2バンド
なお ACアダプターは外付けで、4.5Vですが、極性が他社のものと違いますので 要注意です
これはTRYX-1700と同じです。


RP−V7

カードサイズの通勤用ラジオ。
裏面がユニークでイヤホーンが中に巻き込まれる仕掛けになっている。
テレビも12CHまで受信できる。
8M−390


RP−85





ICラジオだが、TRが1石ついている。
RFの文字がダイアル面に書かれているので、
おそらくRF増幅つきを意味するようだ。
2連バリコンなので、当然RFとCOV段の間は非同調。
IFTが2個しかついていないが、セラミックフイルタが付いて補っている。

RP−1030U


ICラジオ。

RP-1540F


東芝の3バンドラジオ。
印刷抵抗が使われている、BCLブーム時代より、少し新しいと思われる。
単2電池 3本で動作。
ACアダプターは4.5Vだがセンタープラスのプラグを使用、これはTRYX−1700と同じだが、
スカイセンサーなどのアダプターとは極性が違うので注意する事。
Sメーターは無いが、LEDにより同調指示がある。


受信周波数


MW:525〜1605
SW:3.9〜12MHz
FM:76〜90MHz

ACアダプター:AC155 (4.5V)センタープラス

6P-618


 

2001年7月28日
2002年11月24日
2003年2月7日 RP−522とRP−1030を追加。
2003年9月12日 6P-618を追加。
2004年2月20日 RP−701Fを追加。
2007年1月26日 RP−1540Fを追加。:4224
2015年5月5日:12,417 RP-727Fを追加



トランジスターラジオ博物館1

トランジスターラジオの修理体験記

2007年1月6日新ラジオ資料館に引越し

radiokobo-all